オーダー家具に関する情報満載!『オーダー家具大辞典』(著・内山賢一)はAmazonより好評発売中!

新築マンションをご購入の方におすすめ!吊戸棚の下も有効にスペースを活用する方法

新築マンションをご購入の方におすすめ!吊戸棚の下も有効にスペースを活用する方法

オーダー食器棚は収納が吊り戸棚と下台の上下に分れ、中間に作業スペースがある『セパレートタイプ』が形状のベースとなります。吊り戸棚と下台の間は55センチ~60センチ程の空間を空けるのが一般的です。

ここは、レンジを置く分には程よい空間でもありますが、『収納』として考えた時にはもう少し有効活用したい部分でもあります。今回はそんな時、参考になりそうな『吊り戸棚の下も有効活用する方法!』を紹介します。

吊り戸棚の下を有効活用する方法には主に3つのパターンが考えられます。

  1. 吊り戸棚の下に『オープン棚』を付ける。
  2. 吊り戸棚の下に『アクセサリー(金物)』を付ける。
  3. 背面の壁に『棚板』を付ける。

今日は収納力的には最も優れた、オープン棚を付けるパターンを説明します。過去の事例をもとに紹介をしたいと思います。

事例➀

吊り戸棚の下も有効活用する。その1

吊り戸棚の下にオープン棚を付けた事例ですが、用途は『料理本』を収納する為です。本体は白色ですが、オープン部分はナチュラル系の木目を使用しているので優しい感じが伝わってきます。食器や小物を『魅せて』収納することもできそうです。

事例②

吊り戸棚の下も有効活用する。その2

こちらも吊り戸棚の下にオープン棚を付けた事例ですが、用途は『電子レンジ』を収納する為です。レンジは天板の上に置いて使うのが一般的ですがお客様のコダワリで吊り下げました。逆転の発想です。

『レンジは天板に置きたい、でも作業スペースは広く取りたい。』と悩む方は多いかと思います。実際、天板にレンジを置くと結構なスペースが取られます。吊り下げ式は収納できるレンジのサイズは限られますが、天板の上はスッキリと広く使えるという大きなメリットがあります。

大型レンジの場合は不向きですが、中・小型のレンジを検討している方には参考になる事例ではないかと思います。強度と通線の対策も施してあります。

事例③

吊り戸棚の下も有効活用する。その3

小型のオープン棚が付いています。『スパイスラック』や『ちょっとした飾り棚』として使えます。料理好きの方にはスパイスもコレクションアイテムになることかと思います。キレイに並べながら、使いたい時はすぐに取り出せる。“小粒ながらぴりりと辛い”何かの様なアイテムです。吊戸棚の下のスパイスラックは過去に何度もリクエストを頂いている人気の追加アイテムでもあります。

まとめ

オーダー食器棚の吊り戸棚の下の部分。一見、見落としがちなスペースではありますが、ここも突き詰めると、コダワリを詰め込んだり、空間を有効に活用できる新たな価値を生むスペースとなります。

今日は『吊り戸棚の下も有効活用する方法!』のお話でした。参考にして頂けますと幸いです。明日は残りの2つのパターンを説明させて頂きます。オーダー家具専門店GNASH(ナッシュ)の内山でした。

お問い合わせはこちら

CTA-IMAGE

新築マンションの内覧会ご同行や打ち合わせ、家具取り付け工事は土日・祝日も対応しております。また、コーディネーターは都内近郊に常駐しておりますので、お気軽にご相談ください。

対応地域:関東首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城)

フリーダイヤル:0120-724-017(平日9:00~17:00)

オプション・機能カテゴリの最新記事