オーダー家具だからできる使い勝手!カウンター下収納を事例でご紹介!

オーダー家具だからできる使い勝手!カウンター下収納を事例でご紹介!

カウンター下収納は
既存のダイニング天板の下に収納を作りますが
既存天板の寸法に家具の形状も収納力も左右されます。

 

従って、
収納に必要な奥行が取れなかったり、
“引き戸”や“引き出し”を諦めなければいけない
ケースも出てきます。

 

既存天板のサイズに従い、
使い勝手を追求していくのが『カウンター下収納』ですが,
時には『カウンター下』であることから視点を変え
既存天板に左右されない形状に仕様を変更することがあります。

 

今回はそんな事例を紹介します。

 

 

  • 過去事例1

 

 

IMG_0779

既存天板から一段下げる!

 

既存の天板から家具を一段下げ、
左側の壁(パイプスペース)まで家具の奥行を広げた事例です。

 

 

 

IMG_0781

上部同柄仕上げ!

 

家具を既存の天板から下げるので家具の上部が見えてきます。

 

ここも扉と同柄で仕上げるとスタイリッシュな雰囲気になります。

 

面材はLDの建具と揃えています。

 

 

 

  • 過去事例2

 

 

P1010388

R型オープン棚も一段下げ!

 

先日のブログで紹介させて頂いた
カウンター下収納の6つの仕様の“R型オープン棚”も
既存天板より1段下げて製作することが可能です。

 

こちらも既存天板より家具を一段下げ、
左の壁(パイプスペース)まで奥行を伸ばしているのですが
この一段下げることがミソです。

 

一段下げて既存の天板とある程度の距離を置くことにより
左壁合わせが自然に見えてきます。

 

奥行の有効寸法を重視する場合に有効な形状となります。

 

 

 

  • 過去事例3

 

 

mozaiku

一段下げて天板も追加!

 

既存天板より一段下げる仕様は一緒ですが
こちらは“天板”も新設で追加しています。

 

カウンター下収納の6つ仕様の中の
“引き戸”と“引き出し”を組み込んでいますが、
両方とも奥行があると有利な仕様です。

 

この様な間取りであれば、
家具の奥行は必要なだけ大きくすることができます。

 

新設天板を設置するのでカウンター下収納というよりは
『カウンター収納』と呼んでいます。

 

まとめ、、、


 

 

当店では
家具を既存天板より一段下げた仕様は『カウンター下収納』、
一段下げて天板を新設した仕様は『カウンター収納』と
カテゴライズしています。

 

そして、
もうひとつ紹介させて頂きたい納まりがあるのですが
明日、紹介させて頂きます。

 

今回は既存天板の寸法、形状に左右されない、
家具を一段下げた事例の紹介でしたが
参考にして頂けますと幸いです。

 

最後まで目を通して頂き、有難うございました。

 

オーダー家具専門店GNASH(ナッシュ)の内山でした。

 

 

カウンター収納カテゴリの最新記事