オーダー家具に関する情報満載!『オーダー家具大辞典』(著・内山賢一)はAmazonより好評発売中!

オーダー家具の組み立て方(1)ジョイクラフトの本社工場の様子をご紹介!

オーダー家具の組み立て方(1)ジョイクラフトの本社工場の様子をご紹介!

先月は2週に渡り延べ4日間程、
工場で家具作りの手伝いをしてきました。

 

家具作りには様々な工程があるのですが、
自分はその中の『組み立て』工程を手伝いました。

 

今回は家具の組み立ての様子を簡単に紹介させて頂きます。

 

家具の組み立て工程 準備編


組み立てをする前には入念な準備から入ります。

 

何事もそうですが、準備をきちんとしておくと
後の工程をスムーズに流すことができます。

 

今回は、『オーダー食器棚』の製作前の準備の様子を紹介します。

 

パーツが上がったところ!

パーツが上がったところ!

 

前工程で各パーツを製作、加工した後
こんな感じでパーツが台車に乗ってやってきます。

 

実際のパーツ!

実際のパーツ!

 

GNASH(ナッシュ)の場合は、組み立ての前のパーツ作りに手間をかけます。

 

棚板を可動させる為の『棚ダボ』の加工や
ビスを使わないで組み立てる『ダボ組』の加工は勿論、

 

扉を吊る為の金物(丁番)や引き出しのレール、
耐震ラッチも先にパーツの段階でセットしてしまいます。

 

例えば…

丁番用の下穴!

丁番用の下穴!

 

これは扉を吊る為の丁番の座金の下穴です。

NCボーリングという機械を使って正確にマークします。

 

ちなみに、NCボーリングを簡単に紹介しますと…

 

NCボーリング!

NCボーリング!

 

これがNCボーリングです。(ドイツ製の機械です。)

PCで加工したいプログラムを作成し、本体に転送。

素早く正確な加工をしてくれます。

 

今のGNASH(ナッシュ)には欠かすことのできない機械です。

 

下穴に座金をセット!

下穴に座金をセット!

 

先のNCボーリングでマークした下穴に座金を合わせて

 

ビスで固定!

ビスで固定!

 

あとはビスで固定するだけ。

 

下穴があれば、簡単かつ正確に金物をセットすることができます。

 

更には引き出しのレールも

 

レール用の下穴!

レール用の下穴!

 

引き出しのレールも下穴があれば

 

正確にビスで固定!

正確にビスで固定!

 

正確な位置に簡単に固定することができます。

 

引き出しのレールは特に正確に位置を出すことが必要ですが、
NCボーリングで下穴をマークしておけば、

誰でも正確に短時間でセットすることができるので、大きなアドバンテージとなります。

 

種類違いのレールも先にセット!

種類違いのレールも先にセット!

 

レールの種類が複数になる事もありますが、それでも先にセット。

 

画像の左側のレールは『炊飯器スライド天板』のレール、
右側は『システムレール』(セルフクローズレール)です。

 

耐震ラッチの下穴!

耐震ラッチの下穴!

 

吊戸棚に付ける耐震ラッチも

 

組み立て前にセット!

組み立て前にセット!

 

下穴の位置に先に取り付けます。

 

そして…

 

ダボ組用のパーツには!

ダボ組用のパーツには!

 

ビスを使わず組み立てをする箇所には『ダボ組』の加工をしますが、
ここも組み立て前には終わらせておきます。

 

ダボをセット!

ダボをセット!

 

水平方向に開けた穴に『ダボ』を木工用のボンドでセット。

 

これで…

 

準備完了!

準備完了!

 

ここまでが組み立て前の準備となります。

 

実際には、金物をセットしながら各パーツの掃除(汚れや糊などの除去)と、
傷のチエックまでも済ませてしまいます。

 

次はいよいよ組み立て工程になるのですが
『家具の組み立て工程 組み立て編』は
次回、紹介をさせて頂きます。

 

最後まで目を通して頂きまして有難うございます。

オーダー家具専門店、GNASH(ナッシュ)の内山でした。

 

 

 

お問い合わせはこちら

CTA-IMAGE

新築マンションの内覧会ご同行や打ち合わせ、家具取り付け工事は土日・祝日も対応しております。また、コーディネーターは都内近郊に常駐しておりますので、お気軽にご相談ください。

対応地域:関東首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城)

フリーダイヤル:0120-724-017(平日9:00~17:00)

施工方法カテゴリの最新記事