DSCN0113

川崎市のお客様に『オーダー食器棚と壁面収納』を納品! その2

今回は前回の続きで、
川崎市幸区のお客様に納品をさせて頂いた
『オーダー食器棚と壁面収納』のうち、
『壁面収納』を紹介させて頂きます。

 

 

壁面収納の紹介


 

施工前の様子

 

 

 

 

 

施工前の様子①!

施工前の様子①!

 

施工前(内覧会時)の壁の様子です。

 

壁の幅は488センチと大きな壁面。

 

天井部分には梁が2段、
今回はこの1段目の梁下まで家具を設置します。

 

 

 

 

 

施工前の様子②!

施工前の様子②!

 

右側には対面キッチンのカウンターが伸びていますが、
家具は右端まで隙間を出さずに設置をします。

 

 

組み立ての様子

 

 

 

 

 

組み立ての様子①!

組み立ての様子①!

 

工場での組み立ての様子です。

 

前回の食器棚同様、
壁面収納も組み立て工程を手伝いました。

 

画像は吊り戸棚(天袋)部分、
丸く空いている穴はダウンライトを埋め込む穴です。

 

 

 

 

 

組み立ての様子②!

組み立ての様子②!

 

同じく組み立ての様子。

 

こちらも天袋部分です。

 

天井部分の梁に合わせ、欠き込み加工をしています。

 

 

 

 

 

組み立ての様子③!

組み立ての様子③!

 

こちらは下台の一部の様子。

 

TV台下のデッキ類を収納する部分です。

 

 

 

 

完成の様子

 

 

完成の様子①!

完成の様子①!

 

横幅488センチの大きな壁面収納。

 

扉と本体外部は白系木目の鏡面仕上げの面材をセレクト。

 

高級感のある、圧迫感を感じさせない色使いです。

 

TVの奥側(背面パネル)とその左側のガラス扉内部には
アクセントクロスを貼りました。

 

貼ったのはクロスですが、
じっくりと見ないとエコカラットが貼ってある様な質感です。

 

 

 

 

 

完成の様子②!

完成の様子②!

 

ダイニング側からの見た画像です。

 

上段と中段の扉の間に、
ガラス引き戸付きの飾り棚を設置しました。

 

背面はミラーを貼り、
上部には間接照明(テープライト)を付けました。

 

この飾り棚部分は
家具全体の雰囲気UPに大きく貢献をしてくれています。

 

 

 

 

 

対面カウンターとの納まり!

対面カウンターとの納まり!

 

壁の右側に伸びていた対面カウンターは
ダイニング収納部分の天板と高さを合せ画像の様に納めました。

 

 

 

 

 

TV上の間接照明!

TV上の間接照明!

 

TVは背面パネルに壁掛け仕様で設置。

 

上部収納下端には
間接照明(ダウンライト)を3灯設置しました。

 

今回、
TV奥の背面パネルの幅は228センチと大きく取りましたが、
ここを贅沢に大きく取ることはお客様のコダワリでした。

 

家具の形状は左右非対称のデザインですが、
間接照明とTVの中心(センター)を合わせるなど
細かいところに沢山のルールを作っているのもコダワリです。

 

 

 

 

 

小物を飾る空間!

小物を飾る空間!

 

TVの右側部分に
ちょっとした小物を飾る固定棚を2枚設置。

 

『収納』では無く『飾る』為の空間も重要視した
ワンポイントな箇所ではありますが、
有意義で贅沢な空間の使い方です。

 

 
納品後記、、、


 

 

今回の案件は内覧会から施工までの期間がタイトであり、
『相談→検証→作図』のサイクルを急ピッチで繰り返しました。

 

お客様にはタイトなスケジュールの中、
打合せの時間を調整して頂きました。

 

食器棚も壁面収納もコダワリ所満載だったので、
詳細を煮詰めるのは時間も掛り結構大変なことです。

 

しかし、

 

そんなプロセスを経て完成した家具は愛着が湧き、
生活に欠かせない身近な存在になるのだと感じます。

 

オーダー家具はお客様も設計に携わって貰うことになるので
『作り上げた感』を感じて貰えることができる製品です。

 

理想の形、思い描いていた形が現実になるのは
オーダー家具ならではの醍醐味であるかと思います。

 

今回もそんな場面に携わる喜びを感じることが出来ました。

 

2回に渡り川崎市のお客様に納品をさせて頂いた
『オーダー食器棚と壁面収納』を紹介させて頂きましたが
参考にして頂けますと幸いです。

 

最後まで目を通して頂き有難うございます。

 

オーダー家具専門店、GNASH(ナッシュ)の内山でした。