GNASH

7月に納品させて頂いたお客様より『お客様の声』を頂きました!

7月に納品をさせて頂いたお客様より
『お客様の声』(納品後のアンケート)を頂きました。

 

今回はその『お客様の声』を紹介させて頂きます。

 

8月1日のブログ
川崎市のお客様に
『オーダー食器棚と壁面収納』を納品! はこちら

 

8月3日のブログ
川崎市のお客様に
『オーダー食器棚と壁面収納』を納品!その2 はこちら

 

 

===========

 

オーダー家具ということで
何でも好きなようにできる点に魅力を感じつつ
どう設計すればよいのか、実物がないので
イメージとあっているのかと不安に思っていました。

 

しかし、
内山さんと再打合せしていくうちに
その不安が解消されていきました。

 

職人の皆さんも
とても丁寧にお仕事をされていて信頼できましたし、
不具合などが生じても
対応いただけるのがありがたいです。

 

内山さんからは
「それはできない」という言葉を聞いたことがなく、
何でも「何とかしましょう」と
前向きな言葉をいただけてとても頼もしかったです。

 

実際家具が設置され
イメージ通りの出来に大変満足しています。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

増山様 お客様の声

===========

 

 
今回のアンケートから、、、


 

 
有り難い声を頂くことができましたが、

 

今回は納品時と納品後に不具合があり、
納品早々メンテナンスをすることになってしまいました。

 

不具合の内容としては、

 

工場での最終チェック時に壁面収納のガラスの引き戸に
『傷』が見つかり後日の交換とさせて頂きました。

 

また、
ガラス引き戸の金物の『ソフトクローズ』の動きが悪かったので
ここも後日、部品の交換にて対応をさせて頂きました。

 

更に、
ガラス引き戸の背面に『ミラー』を貼ったのですが、
引き戸金物の裏側がミラーに写り込み、
それが見栄えを損なってしまうという問題も発覚。

 

金物の裏面を仕上げるパーツは
純正品のラインナップが無かったので、
他の物を流用して解決させて頂きました。

 

納品後には、
これも壁面収納で設置させて頂いたプリンターを収納する
スライド天板の前板が、
プリンター使用時に干渉してしまうと指摘を頂きました。

 

 

 

不具合部分!

 

不具合部分!

 

当店では今まで、
プリンターを乗せるスライド天板の前板は画像の様に、
天板上部に5ミリの出っ張りを設け、
ここに指をかけて手前にスライドをして頂くのが
これまでの標準仕様でした。

 

そこで、、、

 

 

 

 

前板J手掛け仕様!

前板J手掛け仕様!

 

スライド天板の前板は出っ張りのない
『J手掛け仕様』に変更をさせて頂く事にしました。

 

J手掛けの前板は(上部の)出っ張りがないので、
前板とプリンターの干渉を解決することができます。

 

今後は、
スライド天板の前板をこの『J手掛け仕様』に変更し
標準化していきたいと思います。

 

等々、
今回は納品時からお客様に迷惑をかけてしまいました。

 

今回の事を教訓に、
不具合については再発防止に努めていかなければと思います。

 

スライド天板の前板については、
使用後の意見を頂くことにより今後のアップデートに
繋がるので有り難い意見でありました。

 

今回のお客様はオーダー家具に、
強いコダワリを持っていらっしゃる方(ご夫婦)でした。

 

打合せ時からコダワリ箇所の提示をして頂き、
その解決案を相談させて頂く
気持ちの良いキャッチボールができた感じがありました。

 

一度で完璧な家具を納めることができず、
迷惑をかけてしまいましたが
最終的には食器棚も壁面収納も満足して頂け、
記憶に残る作品となりました。

 

製作、納品の機会と使用後の意見を頂く事ができ、
お客様には感謝です。

 

最後まで目を通して頂きまして有難うございます。

 

オーダー家具専門店、GNASH(ナッシュ)の内山でした。