R0000073

横浜市のお客様に納品させて頂いたオーダー家具を紹介! その2

前回は
横浜市のお客様に納品をさせて頂いたオーダー家具

 

・食器棚
・カウンター収納

 

と『玄関の下足扉の加工』のうち
食器棚を紹介させて頂きました。

 

今回は
『カウンター収納を紹介』を紹介します。

 

 

カウンター収納の紹介


 

施工前の様子

 

施工前の設置場所の様子です。

 

 

 

 

施工前の様子①!

施工前の様子①!

 

対面型のキッチンです。

 

 

 

 

施工前の様子②!

施工前の様子②!

 

既存のキッチンカウンターの奥行きは約10センチ。

 

見た目はスッキリとしていますが、
物を置いたり、配膳にはやや厳しそうです。

 

今回お客様に頂いた主なリクエストとしては

 

・天板をお皿が置ける位の広さにしたい。
・天板下に収納棚を作りたい。
・天板は木目を活かした素材にしたい。

 

という3点でした。

 

そこで今回のカウンター収納は

 

収納棚の有効奥行きを17センチ確保し、
収納棚に合わせた新設天板を既存カウンターに被せて
大きくすることにしました。

 

 

 

施工中の様子

 

 

 

施工中の様子①!

 

施工中の様子①!

 

施工中の様子です。

 

先ずは収納棚の部分から組み立てを進めます。

 

 

 

 

施工中の様子②!

施工中の様子②!

 

収納棚の外枠が組み上がったところです。

 

 

 

 

施工中の様子③!

施工中の様子③!

 

既存カウンターの下、
背面の壁に収納棚を固定します。

 

 

 

 

施工中の様子④!

施工中の様子④!

 

新設天板の裏側です。

 

既存カウンターのサイズで掘り込んだ新設天板を
収納棚上部に乗せ、固定をします。

 

 

 

 

施工中の様子⑤!

施工中の様子⑤!

 

更に
左面には壁と家具の境目の線を消すため
サイドパネルを設置します。

 

そして、、、

 

 

完成の様子

 

 

 

 

完成の様子①!

完成の様子①!

 

8枚扉の収納棚。

 

扉の上部はオープンスペースですが、
見た目が『重く』ならない様、
この部分の背板だけは白色を入れました。

 

逆にサイドパネルで壁の『白』を消し、
統一感を出しています。

 

 

 

 

完成の様子②!

完成の様子②!

 

既存カウンターの上に被せた
厚さ3センチの新設天板です。

 

新設天板の奥行きは手前部分が約32センチ、
壁のある奥側が約21センチです。

 

このサイズならば、
調理や配膳の際にも重宝してくれるかと思います。

 

今回はお客様のコダワリで、
新設天板とサイドパネルは(木目を活かした)
『集成材』という素材を使用しました。

 

集成材は塗装をして仕上げますが、
質感の高い独特な雰囲気を作ることが出来ます。

 

施工前の雰囲気とは随分と印象が変わり、
実用的なカウンター収納となりました。

 

既存の対面キッチンのカウンターの奥行きは
オーダー家具であればアレンジも可能なので
参考にして頂けますと幸いです。

 

次回はこれもお客様のコダワリ、
『玄関の下足扉の加工』を紹介させて頂きます。

 

最後まで目を通して頂きまして有難うございます。

 

オーダー家具専門店、GNASH(ナッシュ)の内山でした。